91-93%

効率

11kW

さらにそれ以上

X-Y-Z

自由な駐車

電気自動車 (EV) とハイブリッド電気自動車 (PHEV) のワイヤレス充電が 2017 年に市場に出ようとしています。WiTricity はこの充電を、技術開発と標準化においてリードしています。

WiTricity は EV の利便性と使いやすさを大きく前進させます。車庫や駐車場に入ると、プラグを差し込まなくても EV が自動的に充電されるようにすることは、EV と PHEV の購入を検討している消費者が最も求めている機能の 1 つです。この心躍る技術を市場に送り出すため、世界中の自動車メーカーが WiTricity 技術を利用し、認可された Tier 1 サプライヤーと連携しています。

“自律型の電気自動車は、パーソナル モビリティの未来です—しかし、運転手なしでは、誰が車に充電用のプラグを差すのでしょうか? 答えは明らかです。プラグも、ワイヤーもなくすのです。駐車し、ワイヤレスに自律充電するWiTricity 技術がそれを可能にします。”

Alex Gruzen 氏、WiTricity CEO

WiTricity の高効率 3.6 ~ 11 kW 充電開発システムによって、自動車メーカー、Tier 1 サプライヤー、充電インフラ サプライヤーは、最大の柔軟性と相互運用性を備えたワイヤレス充電システム デザインを利用できます。システムはアメリカ合衆国エネルギー省の厳格な検査を受け、効率と相互運用性が最も高い利用可能なシステムであることが証明されています。WiTricity の効率的なデザインとアーキテクチャは、SAE インターナショナルと IEC/ISO (国際)、DKE と Project STILLE (ドイツ)、CATARC (中国) が推し進める国際標準化活動において検討の対象になっています。

WiTricity の高効率 3.6 ~ 11 kW 充電開発システムによって、自動車メーカー、Tier 1 サプライヤー、充電インフラ サプライヤーは、最大の柔軟性と相互運用性を備えたワイヤレス充電システム デザインを利用できます。このシステムはアメリカ合衆国エネルギー省の厳格な検査を受け、効率と相互運用性が最も高い利用可能なシステムであることが証明されています。WiTricity の効率的なデザインとアーキテクチャは、SAE インターナショナルと IEC/ISO (国際)、DKE と Project STILLE (ドイツ)、CATARC (中国) が推し進める国際標準化活動において検討の対象になっています。

WiTricity のシステム デザインは、世界の自動車メーカーも選択しており広く受け入れられている円形コイル アーキテクチャに基づいており、以下を実現します。

  • 3.6 kW から 11 kW までのスケーラブルな充電率により、PHEV の小容量バッテリー パックから EV の大容量、長距離バッテリー パックまで、幅広い車のニーズを満たします。
  • 最地上高の低いスポーツ カーから、中程度のセダン、最低地上高の高い SUV まで、幅広い車両を単一のシステム デザインで充電できます。
  • 地上型の充電パッドとして個人住宅に設置することも、公共の充電インフラとして駐車場の舗装に埋め込むこともできます。

デモ ビデオを見る

 

私たちと連携しませんか。

WiTricity は EV の技術開発と標準化を推進しています。